お肉は便秘の原因になる!

腸内環境の悪化は、悪玉菌の量が増えてしまうことによって発生します。したがって、食生活で悪玉菌の成長を促すようなものは控えておく必要があります。肉類に多く含まれるたんぱく質は、悪玉菌を増やしてしまうことにもつながる栄養素です。肉類中心の食生活をしていると、悪玉菌が増加してしまい、その結果便秘へと発展することになりますので注意が必要です。もちろん、たんぱく質は健康のために必要な栄養素でもありますので、全く摂取しないということも問題です。少しだけ量を少なくするという形で、食生活を変えてみてください。

原因便秘の原因になる食べ物は、お肉以外にもあります。冷たい食べ物は体温を下げることにつながりますが、これによって腸の蠕動運動も低下させてしまいますので注意しましょう。デザートのアイスクリーム、冷たい飲み物は控えてください。この他にもカフェインやタンニンは便秘の原因になります。カフェインの持つ利尿作用は、体内の水分を排出させてしまい、便を出すのに必要な水分まで奪ってしまいます。タンニンは腸の動きを弱めて便が出にくくなる働きがあります。カフェインやタンニンを含むコーヒーや緑茶、赤ワイン、アルコール類は便秘の原因になりますので摂取は控えましょう。

便秘に良い食べ物をとろう!

便秘に良いものの代表は食物繊維です。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、それぞれで働きが異なります。。便が硬い場合にはこちらの食物繊維をとると良いでしょう。不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸って膨らんで、腸の動きを活発化させる働きが期待できます。この他の便秘に有効な栄養としては、発酵食品に含まれる乳酸菌、植物性油に含まれるオレイン酸、マグネシウムなどが挙げられます。

野菜それでは具体的に、食生活へ取り入れるべき食べ物について見ていきましょう。まずは食物繊維についてですが、野菜全般には食物繊維が多く含まれていますので、野菜中心の食生活を心がけてみると良いでしょう。また、くだもの全般にも食物繊維が含まれていますので、デザートに取り入れてみても良いです。次に乳酸菌についてですが、こちらはヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズなどが挙げられます。ビフィズス菌が含まれるヨーグルトならばなお高い便秘改善効果が期待できます。オレイン酸はオリーブオイルに多く含まれています。日頃のお料理にオリーブオイルを取り入れてみるのも有効です。マグネシウムが含まれる食べ物には、青のり、干しエビ、サクラエビ、ひまわりの種、ごまなどが挙げられます。便秘改善のためにも、食生活から変えてみてください。

オリゴ糖は善玉菌を育てる!

腸内環境を整えるためには、善玉菌と悪玉菌の割合を調節してあげる必要があります。善玉菌の力を強めるためには、善玉菌の力を蓄える方法や、善玉菌の量を直接増やすという方法が考えられます。近年話題になっているオリゴ糖は、善玉菌のエサになって育てる高価が期待できます。そのため、オリゴ糖を積極的に摂取することが便秘の改善へとつながると言えます。また、善玉菌の量を直接増やす方法として考えられるのは、ヨーグルトや乳酸菌飲料などの摂取です。ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれているビフィズス菌は善玉菌の一種で、食事によって摂取することで腸内環境を整えることが可能です。

ヨーグルト便秘改善効果が期待できる具体的な方法としては、ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べるという方法が挙げられます。この方法だと、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌で善玉菌の量を増やしつつ、エサとなるオリゴ糖で善玉菌の働きを強めて腸内環境を整えることができます。オリゴ糖自体のカロリーは低いため、ダイエット中に試してみるのも有効です。食後のデザートにヨーグルトとオリゴ糖をとってみるのも良いでしょう。腸内環境を整える食事を心がけて、便秘の改善を目指してみてください。

便秘の原因、善玉菌と悪玉菌ってなに?

便秘が引き起こされる原因は、腸内環境が悪化してしまうことにあります。腸内環境は腸内に潜む細菌によって左右されることになり、善玉菌と悪玉菌の割合によって決まることが分かっています。つまり、腸内細菌の割合を上手に調整できれば、おのずと便秘も解消されるというわけです。

細菌腸内細菌には善玉菌と悪玉菌の他にも、日和見菌という細菌がいます。この日和見菌は、成長する過程で善玉菌にも悪玉菌にもなり得る少し厄介な細菌です。もしも日和見菌が悪い方へと育ってしまうと悪玉菌へと変化しますし、良い方へ育つと善玉菌にもなりますので、日和見菌しだいで腸内環境はがらりと変化してしまいます。したがって、腸内環境という観点から便秘を改善したいという場合には、いかに日和見菌を味方につけられるかがポイントになります。

この他の便秘の原因としては、精神的なストレスや運動不足、冷え性などが挙げられます。ストレスが溜まると自律神経がバランスを崩してしまい、排便機能が低下してしまうことが分かっています。また運動不足によって筋力が低下してしまうと、腸の運動量を下げてしまうことにつながり、こちらも便秘の原因となります。冷え性は代謝能力を低下させることにつながり、代謝が落ち込むと腸内の善玉菌の働きが弱まってしまうことが分かっています。このように便秘の原因には多くのケースが考えられ、改善するためにはそれぞれの原因に対して的確な対処をする必要があります。当サイトでは、食事と腸内環境という面における便秘の改善方法についてご紹介していきます。