便秘の原因、善玉菌と悪玉菌ってなに?

便秘が引き起こされる原因は、腸内環境が悪化してしまうことにあります。腸内環境は腸内に潜む細菌によって左右されることになり、善玉菌と悪玉菌の割合によって決まることが分かっています。つまり、腸内細菌の割合を上手に調整できれば、おのずと便秘も解消されるというわけです。

細菌腸内細菌には善玉菌と悪玉菌の他にも、日和見菌という細菌がいます。この日和見菌は、成長する過程で善玉菌にも悪玉菌にもなり得る少し厄介な細菌です。もしも日和見菌が悪い方へと育ってしまうと悪玉菌へと変化しますし、良い方へ育つと善玉菌にもなりますので、日和見菌しだいで腸内環境はがらりと変化してしまいます。したがって、腸内環境という観点から便秘を改善したいという場合には、いかに日和見菌を味方につけられるかがポイントになります。

この他の便秘の原因としては、精神的なストレスや運動不足、冷え性などが挙げられます。ストレスが溜まると自律神経がバランスを崩してしまい、排便機能が低下してしまうことが分かっています。また運動不足によって筋力が低下してしまうと、腸の運動量を下げてしまうことにつながり、こちらも便秘の原因となります。冷え性は代謝能力を低下させることにつながり、代謝が落ち込むと腸内の善玉菌の働きが弱まってしまうことが分かっています。このように便秘の原因には多くのケースが考えられ、改善するためにはそれぞれの原因に対して的確な対処をする必要があります。当サイトでは、食事と腸内環境という面における便秘の改善方法についてご紹介していきます。